2009年07月21日

故郷イタリアへ

急な話だがイタリアへ半年弱ぐらい帰省することにした。
帰省という名の修行なんだけどな。
日本へは年明け以降に帰ってくるつもりだ。
(リアイベの時だけひょっこり戻ってくることはあるかも)
ヴァイオリン職人になるためにはやっぱりヴァイオリン作りの本場
イタリアで修行しねぇとダメだからな。
あ、弾く方じゃねぇぞ?作る方。
んーと…あれだ、耳をすませばのせいじ君な。(笑)
(俺は朝日に向かって好きだー!とか叫んだりしねぇけど)
あ。パスタとチョコレートぐらいならイタリア土産で持ってきてやるから
欲しいヤツは今のうちに言ってこい。(笑)

飛行機とかで長距離移動になるんでインコのラムちゃんは
日本で留守番してもらうことにした。
しばしの別れは寂しいものだが仕方ない…。
最初、奏助に預けようと思ってたがなんかすげぇ心配なのと
変な言葉覚えさせようとするに違いねぇんでやめた。
んで、ちょっと無理言って聡一朗に預かってもらうことにした。
無理言ってすまんが聡一朗よろしくな。
しばらくこのイケメン兄ちゃんが世話してくれるから帰ってくるまで
待っててくれなラムちゃん。

日本を発つ前に銀誓館学園にいた時に1番世話になった所が雪灯篭だったんで
学園祭の結社企画に顔出そうかと思ってたんだがお客さんいて忙しそうだったんで
窓越しにみんなの顔だけ見て帰ってきた。元気そうで何より。


さて、此処を見てるやつが果たしているのかどうかわからんが
しばらくさよならだ。

Arrivederci!
(アリヴェデルチ/イタリア語でさよなら、また逢う日まで、ではまた、また逢いましょうの意)




※メッセにはうろちょろしてるんで何かあればメッセまで。
posted by 雷光 at 23:13| Comment(49) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。